FC2ブログ

GW寝台列車の旅 その4(北斗星、札幌へ編)

みなさま、こんばんは^^

本日は暇でしたので、更新3回目になります・・・



列車は順調に進み、洞爺駅に停車後、


伊達紋別駅に止まっていきます。

この駅では、


キハ183系「北斗」が通過していきました~

本でしか見たことが無いような車両!

新鮮です!!

伊達紋別を発車し、しばらく進むと・・・


うお~!

タキが大量~!!

この絵も何かで見たことありましたね~

調べてみると、日石の室蘭製油所らしい。。。


東室蘭駅手前では、キハ143がお出迎え~


ここには、さまざまな形式の気動車が止まっていました。

う~ん、ヤバイ・・・

模型の物欲が・・・・



そして、東室蘭駅を発車して、しばらく走ると・・・


でた~!!!

赤いクマ軍団!!!

DF200の大群が・・・・


まだまだいますww

もうコレだけ見ちゃうと、

模型は購入確定・・・


その後、登別・苫小牧と停車して行き、



南千歳に到着。

いよいよあと1駅になりました・・・

でも列車は、進んでいきます。。。


そして、しばらくいくと、

車両がたくさん止まってる場所が。。。

ここが、かの有名な苗穂でしょうか?

ED79-11号機が解体されてました・・・


列車は、高架を登っていき、

いよいよ終点です。。。

721系が並走でホームへと入っていきます。


ついに終点の札幌に到着です。

長いようで、あっという間でした。


函館からここまでがんばってくれた、DD51。


ホームから食堂車を。

この「グランシャリオ」での朝食は、

ホント、いい思い出になりました!!


北斗星は、しばらくの停車で、回送されていきます。


上野から乗車ではなく、途中駅からの乗車で、

約2/3ほどの乗車でしたが、

十分楽しめました。


廃止が噂されてますが、新幹線の工事の進み具合を見ると、

やはり、そう遠くない未来にはなくなってしまうんでしょうね。

もう、2度と乗れないであろう「北斗星」を

見えなくなるまで、見送りました~!


もう乗れないでしょうが、また早朝撮影には行きますので、

そのときにまた、お会いしましょう~!!


こんな感じで、初の客車寝台・食堂車デビューなど

いろんな体験ができました^^

ホント、廃止になる前に乗れてよかったです~!


さて、次は北海道の定番スポットに行きます。









↑ポチッとよろしくお願いします↑

スポンサーサイト



GW寝台列車の旅 その3(北斗星での朝食編)

こんばんは^^



早朝の函館駅の到着しましたので、

ここでのイベント?機関車交換がありますので、撮影へ。


まず、向かったのが先頭のED79の撮影へ。

やっと正面から見ることができました!


やっぱ、国鉄型は渋いです~!!


函館に到着するや、速攻で連結開放していました。


1号車オハネフの最後尾も今回初見w


北斗星のHM~!


連結が開放されたのを確認し、

今度は、反対側に猛ダッシュww


これを見るためです!

DD51重連!!!

すでに連結は終わってました~


先頭部に回って撮影~

さすがにたくさんの人が撮影していました!

本日のDD51は1100号機+1095号機でした。


DD51同士の連結部。


カニとDD51。



ふと、駅構内を見てみると、

いろんな車両が止まっていました!

789系とDE10-1738


こっちには、183系の3500番台やら4500番台やら。。。

大量~ww



さて、ここまで数分の出来事でしたw

また進行方向が変わって、一路札幌を目指します~


すでに時刻も6:30を過ぎ、食堂車の営業が始まってますので、

折角なので、高級な?朝食をたべに行ってみます。

すると、やはりというか満席です・・・

ロビーにまで、順番待ちの人が。

まあ、仕方ないので名前を告げて、順番待ちをすることに。

約10組ほどの待ちということなので、1度部屋に引き上げます。

で、時間を見計らってロビーに行くと、ちょうど順番が回ってきました!



席に案内されたとき、ちょうど森駅のあたりでした。

この辺からは海が見えるので、最高の景色の中での朝食が出来そうです!


天気にも恵まれて、雲ひとつ無い青空と、キレイな海!

最高ですね!!


注文したのは、洋食です。

サラダにヨーグルト、デザートのゼリーにオレンジジュース。


あとは、メインのたまごにハムなどと、パンですね。

しめて、1,600円+税×2人なり~・・・・・

でも、最高の景色を見ながら、おいしくいただけました~^^

少し、お高いですがまあ乗車記念ってところでしょうか?w

列車での初の食堂車でしたが、

揺れる車内で、なんともいえない感覚でしたね!



ここで、容量なのでまたまた続きます~

次は、その4です。










↑ポチッとよろしくお願いします↑













サブカメラ購入~

みなさま、こんばんは~!


今日はひさびさに、リサイクルショップに行ってきました~!

いつもの模型コーナーは、特に変わり映えなく・・・

仕方なく、カメラコーナーを見てると、

なかなかお買い得なカメラを見つけました!!


いつも模型など、ブログ用の写真を撮ってるコンデジが

そろそろ寿命が来てるのか、液晶にスジが入ったり、バッテリーがすぐ減ったりと

いろいろガタがきてましたので・・・


で、買ってきたのがコレ!

パナソニックのTZ7。

以前もパナソニックのLUMIXシリーズを使ってたので、その流れで・・・

まあ、2009年製と古いものの、美品完品で約5,000円ほどでした。


これのいいところが、12倍ズームができるところ。

あと、今じゃ普通でしょうが、

動画撮影時、ズームができること。

このあたりが、今まで持ってたサブカメラじゃ出来ませんでしたから・・・


このカメラで撮ってみたのがコレ!

かなりいいぞ~!!


こちらは、前のカメラでほぼ同じ設定で撮ったもの。

前のカメラじゃ、これ以上はピントが合いませんでしたが、

新しいのは、マクロもかなり良くなってました!


なので、ここまで寄っても撮れます!!


前のカメラではこの状態・・・・


これで、模型ももっと撮りやすくなりそうですね~!!

まあ、昔のカメラなので、なんの参考にもならないでしょうが・・・・



現在、このED79の再整備中~!



--------------------------------------------------------------------------------------
鉄道の情報が満載の鉄道コム!
↓ ↓ ↓



ランキング参加中!良ければ、ポチッと押してください~!!
↓ ↓ ↓



こっちもランキング!ポチッとなあ~!!
↓ ↓ ↓


GW寝台列車の旅 その2(北斗星、函館へ編)

こんばんは^^



8号車のオロネ24-501 ツインデラックスです。

A寝台ですが、意外とさっぱりしたシンプルな色合いの通路です。

ちなみに、自分の部屋以外の写真はありませんので・・・



次は9号車 オロハネ25-502です。

通路中央の扉までがA寝台のロイヤルです。

暗めの木目調の色合いが高級感を漂わせてますw


扉の奥はB寝台ソロです。12室あります。

1階部分の扉がちょっと低い。。。

少し窮屈そうな感じはしますね。

ロイヤルとソロでは扉の色調が変えてありますね。



次、10号車のオロハネ24-552 ロイヤルとデュエットです。

9号車とは違い、A/B寝台の仕切りの扉はありません。

通路中央付近がロイヤルですね。



最後、11号車はオハネフ25-12です。

写真ブレブレですいません・・・

今回は200番台じゃなく、0番台が入ってました。

カーテンの色が2号車のJR北海道のオハネフとは違いますね。


この11号車のオハネフには、HMが入ってました~!

この後のカニには当然ながらいけませんので、

これで一通り車内探検は終了~!

ここで、今回運用に入ってる編成は

1号車 オハネフ25-15
2号車 オハネフ24-502
3号車 オハネ25-564
4号車 オハネ25-566
5号車 オハネ25-552
6号車 スハネ25-502
7号車 スシ24-507
8号車 オロネ24-501
9号車 オロハネ25-502
10号車 オロハネ24-552
11号車 オハネフ25-12
電源車 カニ24-505
牽引機 EF510-512

う~ん、模型で乗った編成を再現しようと思いましたが、



KATOのDX編成でそのまま使えるのは、4・5・9号車とカニですね。。。。

車番変えたら使えそうなのは、1・3・6・7・10号車。

11号車は別で買ったはまなす用のオハネフでいけそうですが、

やはり問題児が入ってくれました・・・

2号車のオハネフ24-502・・・・・・

こいつは、どうしようもないなw

ちょっと考えます。。。。


さて、話を戻しまして、

食堂車の通路にこんなものが貼ってありました。


車内限定販売の、北斗星グッズです。

どれも、イマイチ心惹かれなかったんですが、

今思えば、記念に何かかっておけば良かったと、ちょっと後悔・・・・



さて、列車はまもなく青森駅に到着します。

外は暗いので写真はありませんが、

1号車オハネフのデッキで動画を撮ってみました。

ピンボケですが雰囲気だけお楽しみくださいw




やはりというか、同じ考えの人もいまして、自分が行ったときにはすでに1人おられました。

そのあと、ぞくぞくとこられて、最終的には10数人・・・・

あの狭いエリアに、これだけ集まるとは・・・・w


ED79についてるHM

ED79って、両側にHMつけてるんですね。。。


今回のED79は7号機でした。



連結作業も無事終わり、進行方向が変わって、青函トンネルに向けてゆっくり発車していきました。


津軽線・海峡線へと入っていくと、新幹線の高架がみえてきました。

結構、出来上がってるのにはビックリなのと、こいつのせいで、

寝台列車がなくなる可能性があるのかという思いがして、ちょっと複雑でした・・・



その後、朝も5時を過ぎまもなく青函トンネルです。

このあたりはトンネルが多く、どれが青函かわかるかな?

と、思いましたが青函に入る前に長めの警笛を鳴らしてくれたので、わかりやすかったです。

あと、入り口左側にも「青函」と書いてありましたw

ちなみに青函トンネル内も写真ありません。。。



約50分ほどで、青函トンネルを抜け海峡線をひた走ります。

すると、またしても現れた新幹線の高架。。。。


しばらく行くと、ついに出ました!!!

JR北海道の車両!!!

キハ40-1807でした。


そして、すぐ木古内駅ですが、うしろに巨大な新幹線の駅?・・・・

ホント、工事が進んでるようです・・・


木古内の駅には、またしてもキハ40系が。。。。

こんなに見ると、模型が欲しくなります・・・w

そういえば、この木古内から江差線に入りますが、

ここ木古内~江差が今年5月に廃線になるようですね。。。

また、有名ローカル線がひとつ消えてしまいますね。



さて、北斗星は江差線を函館に向けて順調に走ります。

しばらく走り続けて、五稜郭駅手前で・・・


なんと、キンタロー軍団がwwww

まさかこんなところまできて、キンタローを撮ることになるとは。。。


ここは、JR貨物の五稜郭機関区のようです。


ED79も何両かとまっていました~

写真左のED79は「はまなす」のHM付です。



おおお!

ついにでました、赤いクマ~!!!

いや~、これまた初めて見ます!!

実物みちゃうと・・・・・w

ちょうど、TOMIXから出ますし・・・・・・



五稜郭機関区を過ぎ、五稜郭駅では

またしても、キンタロー!!

はるばる北海道まで、ご苦労様w


そして、函館に到着です~!

さて、ここからは時間との戦いが始まりますww




容量が来そうなので、続きはその3で!











↑ポチッと、よろしくお願いします↑



GW寝台列車の旅 その1(北斗星で出発編)

こんばんは^^

帰ってきて、忘れないうちに乗車記を書いていきます。。。

※嫁様と一緒でしたので、思うように写真が取れませんでしたのでご了承ください・・・

-----------------------------------------------------------------------------


4月初め、何を血迷ったか突然寝台列車に乗りたくなりました。。。

まあ、実家には帰ろうと思ってたんですが、その時いつもは車で帰るんですが、

鉄道利用すれば、帰りにサンライズに乗ることも可能なのですが、

実家帰省に鉄道を使うと結構な費用がかかるんですよね。。。

ならば、その資金で北海道に・・・・

なんて思ったのが始まりでしたww




切符取ったときの様子は↓で書いてありますので、ご参照ください。



で、奇跡的に取れたのがこちらのデュエット!

まさか、GWに取れるとは思いませんでしたので、びっくりです。。。

お部屋は4号車の5番なので、

JR北海道車両の1階のお部屋ですね。

2階がよかったが、贅沢は言えません。

取れただけでラッキーなので!



切符を取ってから出発までの約1ヶ月間、

ドキドキが止まりませんでしたが、

いろいろありまして、一時はキャンセルしないといけない可能性まで出てきましたが、

まあ、なんとか行けることになったのは、出発のほんの数日前でした・・・



さて、当日は最寄りの福島駅を22:29発なので

昼間に仮眠してから駅に向かいました。


少し早めに駅に着くと、すでに電光表示には発車案内が出てました。

この電光表示、今までも撮影はしたことはあったんですが、

まさか、乗ることになるとは思いもしませんでした!



1番線には見慣れたE721が停車しています。

この近辺では見れる車両も少なく、飽き飽きしてましたので、

これから見れるであろう、北海道の車両が楽しみですね。。。。



さて、そうこうしてると 1レの北斗星が入線してきました~!!

本日は512号機です。

青森まで、よろしくお願いしますよ~!!



今日乗る車両は4号車のデュエットです。


乗り込んだら、部屋にはいかずにすぐに食堂車へ。

目当てはシャワーカードでした。


何とか購入できましたが、

なぜかカシオペア・・・・・

共通使用してるんでしょうかね。。。




さて、早速お部屋のほうへ。。。

5番なので1階のお部屋です。



お部屋と、ご対面~!

・・・・

狭っ・・・・・・・・・

想像以上に狭い。。。。

写真やネットで見る限りは、もう少し広いのかと。



扉側。(翌日早朝に撮影)

1階は部屋内に開くドアです。

ちなみに2階は引き戸になってます。


ドアの上には荷物置きのスペースがあります。

ベッドの下に踏み台が用意してありますので、問題なく届くかと思います。


ベッド横のコントロールパネルです。

12チャンネルまであって、なにやらBGMが流れるようになってます。

あとは、照明等のスイッチ類。

シンプルですw



さて、乗り心地はというと、

客車なので、さぞ快適かと思いきや、

揺れる揺れる・・・・

サンライズには乗りなれてるので、それ以上の快適さを求めてましたが、

やはり、古さは隠せないのでしょうかね・・・

もう、2,3度ベッドから落ちるかと思うぐらい、

停車時にゴツンゴツンと盛大に揺れました。

初め1時間ぐらいは、ちょっと気持ち悪くなってきて、酔った感じもありました・・・

でもまあ、それも時間がたつにつれて慣れてきて、揺れも心地よくなってきましたねw


福島を出て、約1時間ほどで仙台に到着です。

その後、少し仮眠をすることに。。。

でも、停車時の揺れでチョコチョコ目が覚めてしまって、なかなか寝れませんでした・・・

その後、3時間ほどたった午前3時ぐらいに完全に目が覚めてしまいましたので、

このまま起きていることにしました。


初めのイベントである、青森での機関車交換までは少し時間があるので、

しばらく車内探検をしてみることにしました。



まずは1号車のオハネフ。

Bコンパーメントの車両ですね。

意外と満席に近い?


こちらは2号車。

本日はオハネフ24-502でした。

後付の貫通扉ですね。

HMは入っていませんでした。


各車両に表示されている、車両番号。

一通り全車両見てきましたが、

元々のプレートがついてる車両は少なく、

ほとんどが、このようなシール式になっていました。

プレートが付いてる物も、何かでこじって割れたような物もありましたね。

心無い人が、もって帰ったのでしょうかね???



2号車の開放B寝台。

こちらも結構な乗車率?

寝台列車の元祖?ともいえる車両でしょうかね。


各車両、通路端にはこのような号車と時計、温度など表示されています。



こちらは6号車のロビー。

広いとは言えませんが、少し気分転換するにはいいかもしれませんね。


ロビー横のシャワールーム。

A/Bの2部屋あります。


その隣の7号車の食堂車「グランシャリオ」


営業時間外なので、テーブルクロス等は畳まれています。


反対側から。

思った以上にシンプルな感じはしましたね。



食堂車の奥の通路です。

ほかの車両とは違った雰囲気の色調です。




容量が来たので、その2へ続きます。。。。






↑ポチッとよろしくお願いします↑


プロフィール

フレンチ

Author:フレンチ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

特急いそかぜの鉄道撮影記 Part2

京急押入線

TK model factory
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ