FC2ブログ

スーパーひたち その2

ブログ友達のE231-1000様に教えていただいた、
新車のE657系がスーパーひたちに一部置き換えられてる
らしいので、来るのを期待していましたw

新型車はスーパーひたち、15往復中10往復運転中と
書いてあります!!
E657がもう来てくれるだろうと期待が膨らみますw
が!!!!!!

やってきたのは651系でした・・・
なんという悪運ww
これも、日ごろの行いか・・・・
残念><
でも、乗ってみた感じは
まだまだ使えそうなぐらいキレイでしたw
西の183系に比べたら、全然マシです!

E657の気分だけでも・・・・・
お弁当で我慢しましたw
 
 
 
スポンサーサイト



スーパーひたち その1

ちょっと用事があって水戸まで行ってきました。
上野駅で少し時間あったので、
撮り鉄しました!

E653系 フレッシュひたち 青色ですね!
こいつが発車していったので、撮る物探してぶらぶらしてたら、
ん???!!!!

いつのまにか、今話題のこいつが入線してました!!
あわてて、撮ったんですが、柱被ってます・・・
急いで移動したんですが、
速攻、回送されていきました><

ホーム端から、ちょこっと見えたので撮ってみました。。。
あんなところに回送されていました・・・
 
その2へ
 

レイアウト その12

今回は山です。

この山ですw(写真はバラストまく前のです・・・)
市販の石膏付きのペーパー買えば、
簡単にリアルにできるんですが、
節約することにします。

いきなり完成写真ですが、使ったのは
ティッシュと木工ボンドと水です。安上がりですねw
適当に木工ボンドを塗って、
その上からティッシュを貼って、
あとは水でボンドを薄めていき、
形を整えたら完成です。

山裾に道路通すので、若干山を加工して、
石垣を貼り付けます。
山の上のは、現在製作中の電車庫ですw(おいてあるだけww)
 
あとはボンド乾くまで放置です。
 
その13へ
 

バンダイ台車

レイアウトでBトレが走行できる状態なので、
いろいろ走行させてみます。
KATO台車は問題ないのがわかっているのですが、
気になるのは、バンダイ台車を使っている、
トワイライト編成です。
客車8両すべてにバンダイ台車を履かしています。
これは、レリーフの違いをそのまま使いたかったためです。
トワ釜はKATO動力です。

走行させてみると、直線はなんとかいけますが、
カーブになると無理でしたねw
実家のレイアウトのC243のカーブなら問題なく行けたんですがね・・・・

しかも、先頭がトンネル内で止まってるしwww

とりあえず、星釜を最後尾に連結して、プッシュプルですw
駅まで引き返せましたww

頭にカシ釜つけて、重連です。(両方ともKATO動力)
重連なら、問題なく牽引できました。
うーん、こまったねー><
ちなみに、バンダイの4軸動力でも無理でした・・・・・w
やっぱ、KATO台車にするしかないかねー!?
 
 

EF81カシ釜

レイアウトはちょっとお休みして、
今回は久々のBトレ改造です。

行きつけの模型屋さんで、TOMIXのPS22パンタグラフを
見つけたので、2セットゲットしてきました。
今まではKATOのものを使ってたのですが、
やはりEF81用に作ったものとは出来が違いましたねw

KATOのパンタは最初から開いてる穴にポン付けできますが、
TOMIX製品は穴あけが必要です。
モールドされている、台座より若干外側に穴を開けます。

あとは接着剤で固定するだけです。
若干、パンタ後方のガイシ?部分が当たるので、カットしておきます。

ガイシを塗装して完成です。
このガイシ部分があるのとないのとでは、
やっぱ全然違いますね。

トワ釜(KATOパンタ)との並び。
EF81らしくなりましたねw

レイアウトに置いてみたww

レイアウト その11

どこから手をつけたらいいか、わからなくなってきたので、
とりあえず簡単そうな左手前のスペースに手をいれます。

ここは、道路と民家をおきます。

100均で買ってきた厚紙でスペースの形に切り取ります。
これを型紙にして1mm厚のプラ板で同じ大きさのもの作りました。

GM製の民家6軒セットを使用します。
そのまま置くのも難しそうなので、
土台を半分に切ります。

こんなかんじで、2軒置けそうです。

屋根も半分に切って、壁は2方向のみ組み立てます。

家の前は歩道と道路にしました。
あとは手持ちのパーツを適当に・・・

あとは家を塗装して、裏側はプラ板でふさいで
完成です。

この部分はレイアウト上に乗せてあるだけなので、
取り外し可能です。

道路脇から、E231を撮り鉄した状態ですw
カントがいい感じにきいてます!
 
その12へ

レイアウト その10

めんどくさい作業も終わり、
レールも走行できるようになったので、
Bトレ走らせながら、ボチボチ製作していきたいと思います。
 
まず、はじめは駅から製作します。
使うのはこれ!

GM製の車上駅です。
キットで、メンドウですがお財布にはやさしいですw

とりあえず、仮組して位置あわせ等やっておきます。
KATOホームでも問題なく使えそうです。


サクッと駅舎の方だけ本組みして塗装しました。
このレイアウトには若干大き過ぎですが、
ホームもバカでかいので、バランス的にはいいかもw

KATOホームの屋根部分ですが、
昔のKATOやTOMIXホームと違い、屋根の高さも高く
跨線橋を取り付ける穴も開いていません。
なので、要加工です。
屋根部分はビスでとまっているので、バラします。
そして、赤い部分を現物合わせでザックリ切り取ります。

こんな感じになりましたw

GMの駅に付属の跨線橋をはめてみます。
なんとかいけそうですw

駅舎とホームと屋根を組んでみました。
予想以上にいい感じになりましたので、これで進めていきます。

ホーム部分です。
パーツ付ける穴があんまり開いていないので、
穴、増やしましたw

屋根部分も、細かなパーツがたくさんありましたので、
適当にそれらしく取り付けます。

完成です。
やはり、レイアウト全体を見てしまうと
デカ過ぎ感が満載ですが・・・
結構リアルにできたので満足です。


さみしい、無人駅状態なので
通勤客など置くといいかもしれませんねw
 
その11へ
 
 

Nゲージ キット関係の目次

キット関係の目次     2021.03.11更新



JR東海 キヤ97系201・202 ロングレール運搬車 組立キット ワールド工芸(6044367)
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その7
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その6
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その5
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その4
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その3
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その2
・ワールド工芸 キヤ97系201・202改→キヤE195系LT-1編成を作る その1


JR東海 キヤ97系 定尺レール運搬車 組立キット ワールド工芸(6044358)


ロングレール輸送用チキSENタイプ ペアーハンズ(N-824)
・ペアーハンズ 岩切のロンチキを作る その10


ロングレールチキSNSYタイプ改 ペアーハンズ(N-825R)


チキ6000レール輸送仕様キット モデルアイコン(717A1)
・モデルアイコン チキ6000を作る その8
・モデルアイコン チキ6000を作る その7
・モデルアイコン チキ6000を作る その6
・モデルアイコン チキ6000を作る その5






国鉄417系3連コンバージョンキット BONA(K-2055)
・BONA 417系キットを作る その5
・BONA 417系キットを作る その4
・BONA 417系キットを作る その3
・BONA 417系キットを作る その2
・BONA 417系キットを作る その1






tag : ペアーハンズ 鉄道模型 Nゲージ モデルアイコン ワールド工芸 キット 製作 加工

レイアウト その9

今回は、レールをもう少しリアルにするために
さらに塗装します。

使うのはタミヤのアクリル塗料。
手持ちのそれらしい色をチョイスしましたw
これを・・・

これ使って塗装します。
タミヤの簡易エアブラシです。
エアー缶使うヤツです。
コンプレッサ付いたのほしいけど、高い・・・・

ポイント部に注意しながら、サッと塗っていきます。

ちょっと濃すぎた感もありますが、まあよしとしましたw

こんな感じです。
あとは乾いたら、またレール面の塗装を削って完成です。
2度手間ですねww
 
その10へ

レイアウト その8

バラスト撒き終わったんで、
あとは、めんどくさそうなことをイッキにやってしまいます。
まずは、地形を確定させます。

右奥には線路をまたぐように、高架道路設置する予定なので、
高台をつくります。
いつものように、スタイロフォームを重ねます。

あとは、GMの石垣とプラ板で橋脚をつくりました。

こんな感じになります。

次はトンネル内の塗装です。
そとから丸見えじゃ、カッコ悪いですからねw
つや消し黒に塗ります。

線路側も忘れずにw

地形が決まったら、台枠にベニヤ板を地形に合わせてカットして、
貼り付けます。
横からスタイロ丸見えはまずいですからねw

トンネル部は、脱線に備えて穴をあけといた方がいいですね。
トンネル短いから必要ないかもしれないですが、一応念のためw

こんな感じで、台枠完成!

最後は、パネル裏の配線処理です。

電気屋で売っている、金具で固定します。
コードが短い場合は延長しておきます。
まあ、見えないところは適当に手抜きしましたw
 
これで、ざっとめんどくさそうなところはおわりました!
これからは、ちまちま作っていけますねw
 
その9へ
 
プロフィール

フレンチ

Author:フレンチ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

特急いそかぜの鉄道撮影記 Part2

京急押入線

TK model factory
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ