FC2ブログ

183系 8両セット

だいぶ前に買った183系の8両セットです。

うわさの「詫び工場」製です。
まあ、製品として出してるので、たいしたことないと思ってましたが・・・
写真ではわかりにくいですが、

左右の車両で塗装の質感と色が違うのわかりますか??
右のはザラザラです・・・
まあ、許せる範囲かなw

バリが出てます。まあ、削ればOKww

打痕があります。
見えないことにしますw

広範囲に擦り傷があります。
これも見えないことにしますww

ゴミ噛みですw
ちょっとでかいぞw

おお・・・・・
なんか、大きくエグレてるwww
この辺からやる気なくなってくる・・・

前面、なんですか、これは・・・・
屋根カケ、キズ、塗装剥がれ、打痕の上から塗装・・・・

塗装はみ出し、パーツ合わないw

塗装剥がれと、ゴミ噛み大量w

極めつけは、前面右下のステップがありませんww
しかも、2両とも削り取られたようになってましたw
 
あとは、写真ではわかりませんが、タッチアップ箇所が多数w
赤塗料が飛び散ってるとこもありました。
 
やっぱりウワサ通りでしたw
 
 
スポンサーサイト



動力車の検証

Bトレ用の動力車はいろいろ発売されてますが、
手持ちのもので、何両まで引けるか検証してみました。
カーブ半径はTOMIXのC177のカント付きレイアウトです。

左から、
バンダイの機関車用動力車のED75-1000
KATOのチビ凸用動力車のEF81
バンダイの4軸動力車のEF510-500
こいつらで検証します。

客車は全部バンダイ台車のトワイライトエクスプレスです。
初めは、基本の1M3Tです。全車、楽勝ですね。

1M4Tです。まだまだ楽勝です。

さらに1両つないで、1M5T
まだいけそうな感じです。

もう1両。1M6Tです。ちょっとあやしくなってきたが、
なんとか1週できます。

またまた1両つなげます。1M7Tです。
結構キツイですが、ギリギリ1週です。
ギクシャクしまくりww

レイアウトのホーム限界の1M8Tです。
やっぱ無理でしたw
ホイルスピンして動きません!
ここでとまりましたww
KATOは1M5Tぐらいまでなら、快適に走りそうです。

続いて、バンダイの4軸です。
違和感ありまくりの編成ですww
こっちも順番に1両づつ増やしていきましたが、
KATOと大差ないですねw

最後にバンダイ機関車用です。
こいつが1番イマイチでしたね。快適なのは4Tぐらいまでですねw

この辺はカント付いてないので、
結構スムーズなんです。
たぶん、カントなしのレイアウトならもっと引けると思います。
安定感はやっぱKATOですね。
でも走行がなんかゴツゴツしてます。
おすすめは、バンダイ4軸ですねw
見た目も、走りも安定してました。
 
この検証は、ウチのカント付き半径C177のレイアウトでの結果なので、
カーブ半径、カント等でかなり変わってくると思いますので、
参考程度でお願いします。
 
ちなみに、客車全部KATO台車なら、全車種1M8T楽勝でしたw
それ以上は試してませんww
 
 

レイアウト その15

今回は、電車庫周辺の地面です。

この電車庫と線路の間の空き地と、

反対側の山と電車庫の間です。

1mm厚のプラ板をベースに、
プラ角棒で少しかさ上げします。

反対側も同じように少しかさ上げしています。
ここには踏み切りを作りました。

作業しやすいように、レイアウトの反対側から
作業してますw
写真奥側のみ塗装しました。(手前は、時間切れ><)
 
すこしづつ、スタロイが隠れていきます。
でも、まだ半分以上見えちゃってますよねー><
一応、ビル等置いて、街にするつもりなんですが・・・。
まだまだ、先は長いです~!!
 
その16へ
 

EF510-500のパンタ

注文しておいたパンタが、やっと入荷しました。

TOMIXのEF510-500用のFPS5Bです。

パンタ、そのままにしておいたEF510-500に取り付けます。

土台の真ん中よりチョイ外よりに穴あけます。
屋根が平らなので、加工はしやすかったです。

ガイシを塗装して、取り付ければ完成です。

専用パンタなので、しっくりきます。
適当なパンタつけなくてよかったw

E26を牽引です。ヘッドマークが北斗星なのはきにしない・・・・w

やはり、N化にはパンタ交換は必要ですね!

レイアウト その14

久々のレイアウト製作です。
ほんの少しですが・・・w

信号機の設置です。製品はGMの3灯式です。

ホーム端に2本づつ設置するので、
1本づつは信号機の向きを変えてあります。

ホーム左端です。

こっちは反対側。
ダミーですが、雰囲気でてきましたねw

すこしですが、架線柱も立ててみました。
 
今回は時間なかったので、ここまでです。
 
その15へ

レイアウトカバー

レイアウトの誇り対策はどうされてますか??
ウチのは触らないときは、
とりあえず、ゴミ袋かぶせてありますw

最終的にはアクリルカバー作って、かぶせたいですね!
でも、アクリル板って結構高いんですよね・・・
たぶん、このサイズ自作するとしても
諭吉が1枚以上は飛びそうww
 
レイアウトもなかなか進まないので、Bトレの写真でも載せときますw
 

E231の並び。

なつかしの485と581の並び。
模型ならではですねw
Bトレも国鉄型ばかりあつめてましたが、
最近はJR型も増えてきました!
特にE231は一気に増えましたw
私鉄は、ほとんどないんですけどねw
スカイライナーとTX2000だけです。
関西私鉄以外、あんまりしらないから・・・
余裕が出てきたらいろいろほしいですね^^
 
 
 
 

E231山手線

模型店で、売れ残りのこれを入手しました!

E231山手線用の6ドア車です。
通常色とラッピング色の2両入ってます。
今回は通常色のみ使います。

以前、買っておいたE231ですが、微妙に箱が違うのわかりますか?

赤いところに違いが!!
こちらは2010年です。

こっちは2011年です。
買ってから気づきましたw
中身同じなら気にならないんですが・・・
実は、2011年の方には先頭車のスカートが2種類入ってました!
2010年は新型(現行?)のスカートのみなので、
こちらで作る方は問題ないかもしれません。
あとは、シャーシの年代が違っているぐらいなので、
そんなに気にならないかもですw

で、さくっと素組みw
作ってからいろいろ雑誌等で現車を調べたら
山手線用のE231-500番台は
屋根上のアンテナないんですねw

Bトレは他のE231と共通の屋根パーツ使ってるみたいで、
アンテナがしっかりありますが、
6ドアのサハだけはアンテナないんですよねーw
(写真の右から2両目がサハ)
あるなら、ある!ないなら、ない!!で、そろえてほしいところです><
そして、クーラーも違います。
まあ、そんなに目立たないので、クーラーは無視しますw
アンテナは、E231の屋根の余りが結構あるので、
切り継ぎしてみようとおもいます。

中間車のモハは6ドアのラッピング車の屋根に交換します。
これは問題なく簡単ですw

先頭車の屋根です。
赤ラインで切り落とします。

そして、接着!

同様にモハ(パンタ車)の屋根も加工します。

あとは、接着剤が乾いたら、組み立てて終わり。

モハの屋根は若干寸法間違えたので、隙間開きましたw
直すのメンドウなので、このままいきますww

あとは、お約束のE231用パンタに交換して、
台車はKATO製でN化しました。

屋根上がすっきりしました。
本来なら屋根の塗装もしたいところですが、
このままでもそんなに目立たないので、省略します。

いつものカーブですw
これで、E231は一通りそろったかな?
最近、Bトレ作ってばっかですので
早くレイアウトの続きをしないと・・・・

485系ボンネット

買い置きしておいた485系の初期車をつくります。

2箱で4両編成にします。
先頭車のボンネットのパーツが気になるところですが・・・

結構なパーツ構成です。
側面も短さにビックリ!

とりあえず、4両素組み。
ボンネット部と側面ハメルところ失敗し、
1ヶ所割れましたwww
その他は問題なし!
出来はまあまあいいほうじゃないんでしょうか。

手持ちの方向幕シールを貼りました。
これだけでもイメージがかわりますw
まあ、貼ってあるのは
「快速 新大阪」なんですがねww

N化もしたいんですが、KATO製は手持ちがなく
バンダイ製の台車と動力が余ってるんで、
これで行こうと思います。
カプラーはKATO製に交換してます。

やっぱ、レリーフ使えるのはいいですねw

パンタは手持ちのKATO製PS16Bです。
屋根の穴はバンダイさんがいっぱい開けてくれてるんで、
そのうちTOMIX製に交換したいですね。

完成です。
問題は走行性能ですが・・・・

駅出て、速攻停止しましたww
直線はなんとか走りますが、
カーブ、特にカント付いたとこは
まったく進みません><
やっぱ、ダメでしたねww

こうなる予定だったんですがww
とりあえず、置いて記念撮影!
そのうち、台車は全換えですねw
 

カシオペアのN化

カシオペアの客車をN化したいと思います。

今回からシャーシが2010年仕様に変更されています。

作りが若干変わってます。
で、この変更で、台車ハメル穴が大きくなっていて、
KATO台車だと、ガバガバです><

応急処置で、今回は手持ちでいいサイズの釘あったので、
これを使います。

いい感じにぴったりでしたw
これで、抜け防止になります。

最近発売の製品はすべてこのシャーシぽいので、
今後、N化がめんごくさい・・・

ホームにあわせて、客車2両抜いてありますw

EF81 99号機で牽引です!

レイアウト その13

ひさびさのレイアウト製作です。
今回は電車庫です。
使うのはいつものこれです!

GM製の電車庫キット

まず、ベースの組み立て。
レール間隔が30mmなので、それにあわせて
付属のベースとレールを固定します。
レールは道床なしレール推奨ですが、
今回はTOMIX製でレイアウト作ってしまったので、
それに合わせて、プラ板で高さ調整します。

組めたら塗装です。
ちなみに電車庫のみ、レイアウトからベースごと取り外し可能です。

で、本体の仮組み。

あとは、塗装して、ベースに接着します。
屋根だけは、脱線、メンテの関係で接着しません。

中はとりあえず、こんな感じです。
はっきり言って、中は手抜きですww
取り外し可能なので、また手を入れたくなったら
後でやることにします。
 
Bトレだと4両入ります。
 
その14へ
 
プロフィール

フレンチ

Author:フレンチ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

特急いそかぜの鉄道撮影記 Part2

京急押入線

TK model factory
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ